病院薬剤師への転職ってどんな感じですか?

病院薬剤師の仕事内容は?


薬剤師転職



・調剤・製剤…処方箋の内容を見て薬の量・使用方法・飲み合わせ・副作用の有無などをチェックし、患者ひとりひとりに合わせた形で調剤を行います。

・患者への説明…まずは患者の情報(現在他の診療科で薬を処方されているか、薬に関するアレルギーなどがないか)を聞きます。薬の効果や使用方法について患者に説明し、また薬に関する相談に応えます。

・注射薬の調剤…調剤薬局にはない、病院薬剤師特有の仕事になります。処方箋に従って、無菌室で注射薬を調剤します。

・薬の管理…病院で扱うあらゆる医薬品の購入・保管・供給を管理します。また、最新の薬が出れば情報を医師・看護師に提供します。

・処方の設計…投与にとくに注意が必要な薬については、医師と相談しながら安全かつ効果的な処方を決定します。

病院薬剤師になるメリットは?


薬剤師転職



・職場が比較的安定していること…入れ替わりが激しいドラッグストアや民間の製薬会社にくらべて、職場としての病院は安定しています。また、高齢化によって病院のお世話になる人が多くなっており、将来性も◎です。

・年収のピーク時期が長めなこと…病院薬剤師の年収はおよそ400-650万円といわれています。ドラッグストアや製薬会社にくらべてピーク時の金額は低めな代わりにピーク時が長く続くので、長期間働き続けたい人にはオススメな職場といえるでしょう。

病院薬剤師になりたい人のための就職・転職情報


薬剤師転職

<

病院薬剤師で高収入の求人を探す





無料登録で高給与病院薬剤師求人見放題!
非公開求人も多数!