メディカル業界への転職を目指す薬剤師さんへ

勤務先としていちばん多いのは?


薬剤師転職



厚生労働省の調査(2008年)によると、薬剤師の勤務先としてもっとも多いのは調剤薬局・ドラッグストア(43.5%)、次に病院・診療所(18.8%)、製薬会社(17.8%)と続きます。

そのほかの19.9%には、大学の研究者・保健所職員などが含まれます。



もうすぐ薬剤師の供給過剰時代に


薬剤師転職



政府の規制改革により、近年薬学部がどんどん新設され、定員割れの私立大などは「お金さえ出せば誰でも薬剤師の免許がとれる」状態になっていることも少なくありません。

さらに薬事法改正で2009年に「登録販売者制度」が導入され、副作用のリスクが低い薬(ドラッグストアなどで購入できるもの)なら薬剤師だけでなく登録販売者も販売できるようになりました。

また、医療費抑制政策や処方箋の電子化による作業効率化により、病院での雇用も減少してきています。

薬剤師としてのキャリアプランを明確に!


薬剤師転職



別記事でもすでに触れましたが、近年では薬剤師の資格を持っているからといって必ずしも簡単に転職・復職できるとは限りません。

転職活動をする際は、待遇や仕事内容だけを見るのではなく「薬剤師として何をやりたいか・将来どうなりたいか」について明確なキャリアプランを持つことが重要になります。



薬剤師のためのメディカル業界就職・転職サイト


薬剤師転職



病院薬剤師で高収入の求人を探す





無料登録で高給与病院薬剤師求人見放題!
非公開求人も多数!